« 鹿児島離島の旅 2018春~その① | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その③ »

2021年2月 7日 (日)

鹿児島離島の旅 2018春~その②

なんだか今年になってから週末ごとに”大雪が”なんて言われていましたが、
ようやくこの週末、昨日は朝から晴れて暖かかったです。
久しぶりに洗濯物も外に干すことができて、さすが晴れて暖かいと
乾くスピードが全然違います。

今年は2月3日という珍しい立春を迎えて、暦だけではなく春になった気分でしたが、
北陸は明日からまた気温が下がり雪も降るような予報です。


さて、鹿児島離島の旅の続きです。
前回は鹿児島空港に着いてご飯を食べたところまででしたね。
(前回の旅日記はこちら

搭乗待合室にある島々の写真を眺めて思いをはせたあとは、
いよいよ実際に向かいましょう。

ということで、この旅で3つ目のフライトで与論島へ向かいます。
2092111


与論空港へのフライトの使用機材はDHC8-Q400 (JA851C)
210103

定刻通りに出発し、11:17に鹿児島空港のR/W16から離陸します。


道中、眼下にはいくつかの島を見ることができます。
210104
ただ、どの島かわからない・・・。

海や島を眼下に眺めながら1時間ほど、間もなく与論空港に着きます。
210105

南の島のリゾートって感じの景色が見えてワクワクしますね。
210106



鹿児島空港を離陸して1時間ちょっと、12:24に与論空港R/W14に着陸し、
12:27にブロックイン。ブロックタイムで鹿児島空港から1時間17分。
鹿児島空港の待合室に書かれていた通り約80分で到着です。

空港ビルへは徒歩で移動
210107


与論空港
210109
国内77空港利用チャレンジ、61空港目を利用です。


ちょっと雲が多めですが、南の島の開けた空に気分も上がります。
210108


さて、着陸の時に見えたようなビーチで一日のんびり、なんてことは
オイラの旅ではあり得るわけないですね。

でもせっかく島に来たんだから、ほんのちょっと、ほんの1カ所だけでも
いいから空港以外の場所も訪れておきたいのが正直なところ。

次に乗る飛行機まで1時間半ちょっとあるので、空港から歩いて
5分ほどのところにあるヨロン駅というところへ行ってみます。

が、ヨロン駅の近くにきれいなビーチがあったので、まずはそちらへ。

フバマというらしいビーチです。
210110


こじんまりとしたビーチですけど、白い砂と青い海のとても素敵なビーチ。
しかも他に誰もいなくて、プライベートビーチ気分を味わえました。
210111


思わず裸足になって海水に足を浸けてみます。
210112

ちょっと足を浸けるだけでも、いつもの旅以上に非日常感を味わえる。
って、オイラはなんとも単純ですね。

でもほんと気持ちいい場所。
砂浜で足を乾かしているあいだも誰も来なくて、素敵な浜辺を独り占めしながら
ゆっくりと流れる時間をのんびりと過ごすことができて、ほんとほんと素敵な場所です。

たまたま見つけた場所でしたが、大のお気に入りの場所になりました。


思わぬ収穫に満足して、そういやヨロン駅に行こうとしていたんだ、ってことで、
もともとの目的地のヨロン駅も訪問します。
210114

210115  

駅名標とレールと車輪があり、「ヨロン駅」と書かれた駅名標の
隣駅には「かごしま」と「おきなわ」とあります。
ちなみに写真の駅名標の向こう側に見えるのが先ほどまでいたフバマです。

ここヨロン駅はビドウ遊歩道の端に当たる場所でして、遊歩道の案内とともに
ヨロン駅の説明があります。
210116

説明文を拡大(画像クリックでもう少し拡大表示されます)
210117  

そういや海上を通る国道がありましたね。
それを海上鉄道と考えるというのはなんとも素敵な発想。
しかも実際に記念切符を販売していたというのですから
本格的でもありますね。

短時間でしたが素敵なビーチに素敵な駅を訪れることができて、
そろそろ次の飛行機の時間が近づいてきたので空港に戻ります。

後で調べてみると、ヨロン駅から続くビドウ遊歩道も、とても
素敵な場所のようでして、歩く時間がなかったのが残念ですが、
まあ、そんなところもオイラの旅ですね。

さて、次の島へ向かいましょう。
(つづく →その③

|

« 鹿児島離島の旅 2018春~その① | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その③ »

コメント

やはり、とは思いましたが、そのまま次の島へGOですか。
アイランドホッピング、と言う名でしたかね?
いつか奄美諸島もメイン所の島だけでも制覇したいですが、沖永良部と与論だったら片方飛行機で島間は船移動になるかなあ。。。

投稿: 大樹 | 2021年2月14日 (日) 21時32分

大樹さん
はい、やはりな旅です(笑)
アイランドホッピング! この旅のときに飛行機の中でその言葉を初めて聞いたのを思い出しました。
沖永良部と与論は近いので船でも良さそうですし、船の方が旅を楽しめそうですね。
ホッピングではなく船でゆっくりとめぐってみたくなってきました。

投稿: Junjiro | 2021年2月16日 (火) 23時19分

こんばんは(^o^)/!
鹿児島離島の旅、拝見しに来ました (^_^)ニコッ!

私が最後に九州を旅したのは、今からちょうど40年前。
離島へは行きませんでしたが、旧国鉄の周遊券で20日間ほど旅しました。

与論島のヨロン駅の説明文が素敵ですね。
「天の川銀河鉄道本線・・・流星号に・・・満天の星空の旅・・・」
何とも魅惑的なキャッチコピーですね。

投稿: 慕辺未行 | 2021年2月18日 (木) 23時41分

慕辺未行さん
こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
20日も九州をまわられたのですか!?
それだけの日数があるといろいろと回るなり、
ある場所をじっくりと訪れるなりできそうですね。
でも、離島でなくても九州は魅力的な場所がたくさん
あるので、20日でも足りないかもですね。

ヨロン駅の説明文、良いですよね。
晴れた空ときれいな砂浜を背景にしたヨロン駅。
とても素敵な場所でしたよ。

投稿: Junjiro | 2021年2月20日 (土) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿児島離島の旅 2018春~その① | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その③ »