« 鹿児島離島の旅 2018春~その② | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その④ »

2021年2月21日 (日)

鹿児島離島の旅 2018春~その③

昨日、今日は暖かかったですね。
昨日は北陸地方でも春一番が吹きました。というか吹き荒れていました。

ただ、暖かい&風とくると、あいつがやってくるんですよねぇ、花粉・・・。
花粉情報ではまだ北陸は「少ない」ですが、「東海北陸地方」としてテレビで
放送される天気予報を見ていると、東海地方はすでに「多い」や「非常に多い」
になっていて、もう本格的な花粉シーズンなんだなと憂鬱な気分になります。


さて、前回は与論島を訪問、フバマでのんびりしてヨロン駅で
海上鉄道に思いをはせていましたね。(前回の旅日記はこちら

与論空港に戻ってきて、さらに旅を続けます。
この旅4つ目のフライトはJAC3856便の沖永良部空港行き。

飛行機までは歩いて行きます。
210120
使用機材はSAAB340B(JA8642)
JACのSAAB340は2019年に退役してしまったようですね。

定刻より少し早く出発し、14:12に南東方向のR/W14から離陸します。
離陸後もそのまま南東方向へ進みます。
210121

210122


島の南東、赤崎海岸や赤崎灯台の横を
経由して針路を北へとむけて沖永良部島を目指します。

赤崎海岸付近
210123


与論空港から沖永良部空港までは時刻表で25分。
14:12に与論空港を離陸して3分後の14:15には
”着陸態勢に入りました。背もたれとテーブルを
元の位置に戻してください。”のアナウンス。
と言われても、そもそも背もたれとかテーブルを
動かすタイミングすらないんですけど(汗)

ということですぐに眼下に沖永良部島が見えてきます。
島の南西、知名港付近
210124

このまま高度を下げて行き、島の東の端にある沖永良部空港の
R/W04に14:19に着陸。

この便の飛行時間はわずか7分ほど。ブロックタイムでも19分でした。

ということで沖永良部空港(えらぶゆりの島空港)です。
210125

これで「国内77空港利用チャレンジ」は62空港目を達成です。

先に訪れた与論島もですが、観光目的ではなく空港利用チャレンジで
の訪問ではありますが、せっかく来たのにどこへも行かないというのは
もったいないですし、ノルマのために来ているみたいで楽しくないので、
ちょっとだけでも観光はしたいですね。

次のフライトまでは2時間以上あるので、歩いて行けそうな場所
として空港から2kmほどのところにある「フーチャ」を目指します。
210126


風景を眺めたり写真を撮ったりのんびり歩いて、
空港から40分ほどかけてフーチャに到着。
210127

上の写真にある「奄美群島国立公園」は2017年に指定された
最も新しい国立公園だそうです。

案内には括弧で「潮吹き洞窟」と書かれていて、風の状況に
よっては20-70mもの潮を吹き上げるそうです。
210134

70mって想像できないくらい迫力あるでしょうね。
観光客の立場ではぜひ見てみたいと思ってしまうのですが、
飛び散る海水によって農作物に被害をもたらすようで、
同じようなフーチャ4カ所のうち3カ所は壊されたそうです。


自由に歩き回れて、大きく口をあける穴をのぞき込むような
ところまで近寄ることもできます。
210129

70mの潮なんてなくても、これだけで十分大迫力です。
穴の大きさと海面までの高さにちょっと怖さを感じるほど。

空港から歩いて行ける場所というだけの理由で訪れましたが、
来てよかったと思った場所です。

周囲はごつごつとした岩肌の海岸が続いています。
210128

210130

これほどの場所なのにオイラの他には他に誰もいないのが不思議。

他に人がいないのでこの迫力ある造形や広い海を独り占めします。


次のフライトまではまだ時間がたっぷりあるので、岩場に座って
しばらく海を眺めて過ごします。

与論島で訪れたような砂浜もいいですし、このような断崖絶壁の
ような海岸で海を眺めるのもいいですね。


と、しばらく海を見ていると、何やら海に浮いているものが
210131


よく見ると、ウミガメじゃないですか!
210132

210133

まさかウミガメを見られるなんて思っていなかったので、ちょっと感動。

なんなのこの場所、めっちゃ素敵!!


もう感動しっぱなしで、結局45分ほど滞在してしまいました。

さてそろそろ空港に戻らねば、ということでちょっと遠回りに
なりますが、海岸沿いを通って空港に戻ります。


沖永良部空港に戻ってきてこの旅5つ目、本日最後のフライトは
JAC3808便で鹿児島に向かいます。

使用機材はATR42-600(JA02JC)
210135

定刻の17:00に出発、17:04にR/W04から離陸

右旋回をして、沖永良部島とその東の端にある空港を
見ながら高度を上げていきます。
210136


鹿児島空港までは1時間15分。

往路と同じように機窓には島が見えることがありますが、
どの島かがわからない・・・。
210137


そんな機窓を眺めているうちに鹿児島空港が近づいてきます。
210138


そして18:15に鹿児島空港のR/W16に着陸。

この日の予定はこれで終了。
翌日も島を訪問しますよ。

(つづく →その④

|

« 鹿児島離島の旅 2018春~その② | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿児島離島の旅 2018春~その② | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その④ »