« 鹿児島離島の旅 2018春~その④ | トップページ | 連休スタート! »

2021年3月28日 (日)

映画「Fukushima 50」を観ました

春ですねえ。
今年は桜の開花が早くて3月だというのに満開を迎えてる、というか
既に満開を過ぎているところもあるようですね。
雪の多かったこの冬もようやく終わって、長靴やらスコップやらを
片付けて車のタイヤも交換しました。

さて、昨日は2週間ほど前に録画しておいた映画「Fukushima 50」を観ました。
と言っても、オイラ、昨年3月にこの映画が公開されたときに映画館に観に行って
いたんですけど、改めて観ることにしました。

210301


刻一刻と変化する状況に対処されていた、運転員をはじめとした
現場の人や、政府、東電本店などなどの様子がリアルに伝わってくる
映画です。
今年は震災から10年ということで、様々なテレビ番組も放送されていて
いくつか観て、当時のことを思い出したり、当時はわかっていなかった
ことなどもわかり、改めてこの原発事故の恐ろしさや、最悪の事態に
なっていたらどうなっていたんだろうという恐怖を感じました。

ちなみに映画だけではなく原作の「死の淵を見た男」も読んでまして、
映画よりもさらに詳しく当時の状況を知ることができ、映画では描かれ
ていないこともたくさん書かれもいるので、おススメです。
210302


|

« 鹿児島離島の旅 2018春~その④ | トップページ | 連休スタート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿児島離島の旅 2018春~その④ | トップページ | 連休スタート! »