« 竹富島の旅 2018初夏~その① | トップページ | 竹富島の旅 2018初夏~その③ »

2022年1月31日 (月)

竹富島の旅 2018初夏~その②

ついこの前に年が明けたと思ったら、もう1月も終わりですね・・・。
そして今週末からはオリンピック。これまたついこの前、東京オリンピックだったと
思ったら、もう次のオリンピック・・・。

もうほんと時間が過ぎるのが早すぎます。

そして同じように早く時が流れて、もう旅行から4年近くが経とうとしている
竹富島旅行の旅日記、その②です。

前回、出だしで少しドタバタした竹富島の旅の続きです。
前回の旅日記

羽田からは予定通りの飛行機に乗り、バスと船を乗り継いで竹富島に到着。
フェリーターミナルまで宿の車で迎えに来てもらって、まずはチェックイン。

晩御飯までは少し時間があるので、ちょっとお散歩がてら島の西側の海岸の散策に出かけます。

2022036

木のトンネルをくぐった先にあるのが・・・


コンドイ園地です。
2022037


きれいな砂浜が拡がっています。
2022038

2022039

少し離れたところで、欧米系の外国人が海に入ったりしていましたが、
その他は誰もいなくて、短時間でありながらも砂浜をぶらりと
歩いたりして、のんびりと、とても癒される時間を過ごすことができました。

にゃんこ達ものんびりとお昼寝(もう夕方ですけど)してました。
2022040

2022041

なでなでしたくなったんですけど、あまりに気持ちよさそうに寝ているんで、
邪魔しちゃいけないと、姿を眺めるだけにしました。
にしても、人間を全く警戒していないですね。


コンドイ園地を後にして、次にやってきたのは西桟橋
2022042

名前の通り桟橋です。
何か建物とかがあるわけでもないので、
見た目には海に突き出た突堤といった感じですね。

今は使われていませんが、昔は生活のために使われていたようです。
(クリックすると拡大表示されます)
2022043


せっかくなので桟橋の先の方まで行ってみましょう。
2022044

三方を海に囲まれ、なんとも言えない解放感を味わえますね。

写真じゃわかりにくいですけど、さっき行ったコンドイ園地も見えます。
2022045

陸地側を見るとこんな感じ
2022046

人も少ないし、波の音を聞きながら1日ぼーっとしていたいですね。


と、そろそろ宿に戻って晩御飯です。

2022047



(つづく)


竹富島の旅 2018初夏
 その① ~ 竹富島へ
 その② ~ 竹富島をお散歩
 その③ ~ 西桟橋
 その④ ~ 帰路



|

« 竹富島の旅 2018初夏~その① | トップページ | 竹富島の旅 2018初夏~その③ »

コメント

竹富島ののんびりとしたひと時、こんなご時世ゆえに余計に羨ましく感じてしまいました♪
職場では毎日どんどんコロナ感染が広がり、もう閉園してもらわないとどんどん拡がってしまい、子どもも職員も次々と。。。
数年前には考えることもなかったこの状況。
他の方々の旅日記を拝見し少しでも気持ちを癒させてもらえたら、、、と思いますが、やはり外に出ていきたい!!

投稿: 大樹 | 2022年2月 3日 (木) 18時21分

大樹さん
こんばんは。
自分もブログを書きながら、こんなふうに旅行をできることが
どれだけ貴重なのかを感じています。
職場での感染拡大、とても心配です。人との接触をなくすしか感染の拡大を止めることができないのかと思ってしまいます。
ほんと、外に出たいですよね。

投稿: Junjiro | 2022年2月 3日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹富島の旅 2018初夏~その① | トップページ | 竹富島の旅 2018初夏~その③ »