« 花粉の季節が近づいてきましたね | トップページ | 春が近づきつつありますね »

2022年2月20日 (日)

竹富島の旅 2018初夏~その④

この前、花粉症の準備をなんて書きましたが、この週末はかなり冷え込んで、
この先も雪ダルママークが出ていて、春はまだ先ですねぇ。

さて、そんな寒さとは真逆のような気候の時期と場所の竹富島旅行の旅日記の続きです。
(前回、その③はこちら

朝の散歩がてら西桟橋まで行って、のんびりと朝の海で過ごしたあと、
宿に戻って朝食をいただき、ちょっと一息ついて時刻は朝の9時前。

さて、それでは・・・



帰りましょう!


もう帰るのはなんかもったいないと感じもしつつ、せっかく島でのんびりと
した時間を過ごしたんだから、あまりバタバタせずに余裕をもってかえることにします。

ということで、竹富島を出発
2022057_20220220163401

今日もいい天気ですね。

往路と同じく石垣島までは15分ほど。

海上保安庁の巡視船とすれ違います。
2022058

どこの管区も楽なところなんてないと思いますが、
この第11管区は大変なんじゃなないかなと想像してしまいます。

さて、石垣島に着きましたが、飛行機の時間まではまだあるので
離島ターミナル付近を散策、ユーグレナモールという商店街を
ぶらぶらします。
2022059

2022060


お土産を買ったりしながら1時間半ほど近くをぶらぶらして、
11:15のバスで空港に向かいます。

この、バスに乗りこむときはなんだかさみしいというか名残惜しいという
気分になって、そういや以前、波照間島に行った帰りもそうだったな、なんて
ことを思い出しながら40分ほどバスに揺られて空港に到着です。
2022061


空港内のお店でジェラートをいただきます🎵
2022062

2種類の味をのせるハーフ&ハーフでしたが、何味を頼んだか覚えていない💦
シークヮーサーと何かだったような…。
さすがに4年近く前だと覚えていられないです💧

なんてことをして空港での時間を過ごしているうちに出発の時刻が近づいてきました。
これから乗るのはANA90便の羽田行です。
2022063


機材はボーイング767-300(JA607A)
2022064


12:42にブロックアウト
R/W22から離陸です。
2022065


さよなら~
2022066

さよなら~
2022067

旧の石垣空港かな?
2022068

さよなら~(しつこい! けどほんと名残惜しい)
2022069

2022070


往路は梅雨前線を突っ切ってのフライトだったからか、かなり揺れたけど、
復路はそれほど揺れず、離陸から2時間半強で15:24に羽田空港のR/W22に着陸、。

15:32に到着して、1時間ほどで小松行きに乗り継ぎ。
2022071

使用機材はなんと石垣からと同じ機体番号JA607Aのボーイング767-300です。

16:43にプッシュバックを開始して、16:53にR/W16Lから離陸。
1時間弱のフライトで17:34に小松空港のR/W06に着陸。急ブレーキで減速して、
17:37に無事に到着。

今回は帰路だけでしたね💦
以上、竹富島の旅2018初夏でした。

(完)


竹富島の旅 2018初夏
 その① ~ 竹富島へ
 その② ~ 竹富島をお散歩
 その③ ~ 西桟橋
 その④ ~ 帰路


|

« 花粉の季節が近づいてきましたね | トップページ | 春が近づきつつありますね »

コメント

こんばんは。
なんとも贅沢な沖縄時間を過ごされましたね。
まったりして、そして「帰りますか」、、、

そんな優雅な旅を一度はしてみたいものです。
いつも貧乏性故、あっちもこっちも!となる自分。
それだけ非日常に憧れが強い状況下に日々自分が置かれているのかなあ。。。

ユーグレナモール、いろんなお店があって楽しいですよね。

投稿: 大樹 | 2022年2月20日 (日) 23時58分

大樹さん
こんばんは。
自分も1日目は結構詰め込むのですが、帰る日は早めに
帰路につくことが多いなと振り返ってみると思います。
たしかにせっかく竹富島まで行っておきながら、
優雅というかもったいないというかの旅程ですね。
非日常へのあこがれは同じく強いと思います(笑)

投稿: Junjiro | 2022年2月21日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花粉の季節が近づいてきましたね | トップページ | 春が近づきつつありますね »